AWSのスペシャリストになるためのプログラム

AWSマスターコース オープニングキャンペーン実施中

コース料金10万円OFF

お知らせ 【オープニングキャンペーン】すべての受講コースで受講料を10万円割引実施中(2022年8月31日まで)

AWSの基礎から実践まで一気に習得し、クラウドエンジニアになりたい
そんな方には”AWSマスターコース”がおすすめ

受講をお考えの方へ 無料オンライン相談を予約する

ランサーズデジタルアカデミーの

AWSマスターコースが
選ばれる理由

AWS技術系YouTuber[くろかわこうへい]や
2021 APN AWS Top Engineers 達が学びやすく監修

[くろかわこうへい]

会員数1500名のAWS動画学習スクール「CloudTech」を運営する株式会社Kurokawa Web Servicesがプロデュースしたプログラムです。
2021 APN AWS Top Engineers 瀬山政樹と佐藤智洋、現役AWSエンジニアの最新の知見を集結し、元GMO主任エンジニアで総登録者3万人超のAWS技術系YouTuber[くろかわこうへい]が学びやすく監修しました。

中規模向けの基本構成から大規模システム向けの
ハイブリッドクラウド構成まで実践的に理解できる

様々なインフラストラクチャ設計の観点(ネットワーキング、コンピューティング、ストレージ、データベース、モニタリング、オートメーション、マイクロサービスアーキテクチャ、サーバーレスアーキテクチャ、エッジサービス、バックアップとリカバリー、IaC、アカウントセキュリティ、ネットワークセキュリティ、疎結合アーキテクチャ)からAWSクラウドをより深く、実践的に理解できます。

AWSのシステムだけでなく、上流工程のコスト見積もり手法や計画書設計手法まで、網羅的に習得できる

AWS Well-Architected Framework を使用したベストプラクティスの理解を促します。
開発、本番環境が分離された100万PVクラスのメディア企業のオンプレ環境をAWSへリフト&シフトする移行計画書が作成できるスキル、AWSの基本から応用サービスの理解を深め、要件に合わせた最適なAWSサービスを選択・設計できるスキル、AWSインフラの要件に合わせたコスト見積もりができるスキルが習得できます。

ランサーズデジタルアカデミーの

課題解決型学習サイクル

学習効率を高めるバーチャル空間での

ピアラーニング

対クライアントを想定しながら受講生同士のグループワークをすることでプレゼンスキルも磨きます。バーチャル空間でのお互いの顔が見えない交流になるため、プレゼンの恥ずかしさを感じない交流ができます。

高速スキルアップを生み出す

課題解決型学習

講師による授業はなく、課題を解くために動画教材を見たり、インターネットで調べたり、他の受講生と意見交換してスキルアップを実感しながら進める課題解決型学習です。難しい課題に対しても、自力で乗り越えていく課題解決力が習得できます。

仮想クライアントからの仮想案件に対応する

ビジネス直結型試験

学習した内容を元に、実際のビジネスを想定した仮想案件に取り組む修了試験があります。試験の成果物は教材制作企業が直々に採点とフィードバックをします。特に優秀な成果物を提出した受講生は、教材制作企業から直接仕事の声が掛かる可能性もあります。

AWSマスターコースの

受講コース内容

モーショングラフィックスを取り入れたわかりやすい動画で、
最先端スキルの学び体験をフルオンライン提供します。

STEP1 AWSのサービス概要を理解し、基本サービス(VPC, EC2, IAM)を構築できる
受講コースキックオフ
講師自己紹介
課題:AWSクラウドを利用する利点・責任と基本サービスのおさらい
クラウドコンピューティングの概念モデルとベストプラクティスとは
クラウドシステムの設計/運用知見の集大成 Well-Architected Framework
責任共有モデルとサービスパターン別の責任分解について
VPCの必修すべき基本コンポーネントを理解する
VPCの応用コンポーネントとサブネット構成のアンチパターン
EC2を構成するコンポーネントを分解しながら理解する
EC2のその他要素と購入オプションを理解する
IAMの基本コンポーネントとアクセス拒否の決定ロジック
【デモ操作】EC2の構築1
【デモ操作】EC2の構築2
模範解答
グループワークのファシリテーション
STEP2 Webシステムの基本構成(3層アーキテクチャ構成)をAWSで構築できる
課題:AWSクラウドを利用した3層アーキテクチャの構成とリクエストからレスポンスまでの流れ
RDSの必修すべき基本コンポーネントの理解
S3のストレージクラスとアクセス保護、データ保護機能について
【デモ操作】その他S3の機能の画面説明
Route 53の基本概念とルーティングポリシー、その他機能
ELBの各種種類と基本機能、コンポーネントについて理解する
AWS CLIの基本と認証方法、オプションを利用した活用TIPS
【デモ操作】AWS CLIのコマンド操作
【デモ操作】3層アーキテクチャ構築1
【デモ操作】3層アーキテクチャ構築2
STEP3 大規模システム向けの複数ネットワーキング接続を構築、管理できる
課題:ハイブリッドクラウド構成の要件に基づいた設計書の提出
VPCピアリングのユースケースと制約事項
【デモ操作】VPCピアリングで複数VPCを接続する
AWSのネットワークセキュリティに関連するサービスのまとめ
VPNサービスの活用方法と関連知識ASN、BGPの概要
Direct Connectの2つの接続方法とAPNパートナーについて
TransitGatewayのコンポーネントと活用方法、制約事項を理解する
模範解答
グループワークのファシリテーション
STEP4 AWSで一部分に障害が発生した場合でもシステム運用可能な疎結合設計の概念、バックアップサービスの設定を理解し、費用対効果に合った災害対策を構築できる
課題:システムモニタリングのメリットと関連サービスの理解
【デモ操作】TransitGatewayでVPCのハブ環境を構築する
CloudWatchの基本コンポーネントとモニタリングの重要性
【デモ操作】CloudWatchでアラートメールを発砲する
CloudWatch Logsの概要とInsights、EventBridge
【デモ操作】CloudWatch logs統合エージェントを設定する
CloudTrailの3種類のログファイルと暗号化、改ざん等のセキュリティ対策
VPC Flow Logsの機能、保管方法とネットワークキャプチャの重要性
【デモ操作】VPC-Flowlogsの収集と様々な確認方法
EC2 Auto Scalingの基本機能と注意点のおさらい
【デモ操作】AutoScalingの設定
DynamoDBの各種用語のおさらいと整合性の特徴、NoSQLの概念について
模範解答
グループワークのファシリテーション
STEP5 AWSで複数アカウント、複数ユーザーの統制管理ができる
課題:マルチアカウントのメリットと実現する機能やサービスについて
AWSにおけるマルチアカウント環境設計と役割に合わせた展開
Organizationsの基本用語と組織単位の設計方針について
【デモ操作】Organizationsを設定する
大規模組織におけるSCPの活用、仕様の理解とポリシー適用例
【デモ操作】SCPでアカウント単位の権限を管理する
IAMクロスアカウントのAssumeRoleと具体的なユースケースの理解
複数アカウント環境下におけるAWS Single Sign-On(SSO)の設計
模範解答
グループワークのファシリテーション
STEP6 キャッシュを利用して通信速度を高速にしてアプリケーション要件に応じた適切なCDN設定が理解できる
課題:Web3層アーキテクチャへのキャッシュサービス導入
インフラストラクチャにおけるキャッシュ概念のおさらい
CloudFrontの基本コンポーネントと各種機能、配信の流れを理解する
Behaivierの詳細設定、キャッシュキーとオリジンリクエストの徹底理解
ELBにおけるキャッシュ概念とリスナールール詳細仕様
ElastiCacehの2種類エンジンタイプの理解とキャッシュ戦略の展開
【デモ操作】ElastiCacheの設定を行う
DAXの詳細動作を理解する
【デモ操作】DAXの設定を行う
【デモ操作】S3-CloudFront-OAIの設定を行う
模範解答
グループワークのファシリテーション
STEP7 システム運用の自動化、インフラ環境をコード化(Infrastructure as Code)する手法を理解し、構築や運用を効率化できる
課題:システム構築や運用、コード化のメリットと拡張性向上の手法確認
AWSにおける自動化の手法と各種IaCツールのメリットデメリット比較
CloudFormationコンポーネントとテンプレート基本構造のおさらい
CloudFormation応用機能の理解とテンプレート応用編
【デモ操作】CloudFormationでVPCを構築する
【デモ操作】CloudFormationでEC2を構築する
【デモ操作】CloudFormationでRDSを構築する
【デモ操作】SSMでEC2を管理する
Opsworksの基本用語を理解する
Elastic Beanstalkの概要と5つのデプロイポリシー、BlueGreenデプロイ
模範解答
グループワークのファシリテーション
STEP8 AWSで一部分に障害が発生した場合でもシステム運用可能な疎結合設計の概念、バックアップサービスの設定を理解し、費用対効果に合った災害対策を構築できる
課題:疎結合設計の重要性と災害対策について
障害に強いAWSの設計概念を理解する
SQSの各種キューと疎結合アーキテクチャの重要性
SNSの構成要素とファンアウト設計について理解する
EBSの基本機能とスナップショットの管理、暗号化について理解する
EFSの基本機能と伸縮について理解する
Glacierの基本コンポーネントとその他S3の災害対策について
【デモ操作】EFSで伸縮可能なファイルシステムを設定する
【デモ操作】S3とRoute 53のFailOverルーティングを設定する
AWS Configのルール、コンフォーマンスパック、アグリゲータと設定の流れ
模範解答
グループワークのファシリテーション
STEP9 マイクロサービス設計のメリットを生かしたコンテナ基盤、サーバーレス環境を構築できる
課題:要件を読み解き実際にサーバーレスアーキテクチャを設計する
モノリス/マイクロサービス設計の特徴とメリット・デメリットの比較
ECSが必要な理由と各基本コンポーネント同士の連携について理解する
ECS関連で使用されるIAMロール詳細とサービス、デプロイモデル
【デモ操作】ECSでサンプルアプリをデプロイする
【デモ操作】ECSで他サービスとの連携を実施する
Fargateの価格比較、X-rayモニタリングと構成例
【デモ操作】Fargateでサンプルアプリをデプロイする
【デモ操作】FargateでBlueGreenデプロイメントを実施する
Lambdaの各基本コンポーネントと活用方法
【デモ操作】Lambdaの各種機能を理解する
【デモ操作】Dynamo+Lambda+APIGWでアプリを構築する
模範解答
グループワークのファシリテーション
STE10 AWSのコスト見積もり手法と注意点を理解できる
課題:AWSのコスト削減に繋がるツールについて
AWSにおけるコスト見積もりの基本手法、代表サービスを使った見積もり実践
システム要件から導いた構成図と総合的な見積もりを実施する
【デモ操作】CostExplorerの基本用語を理解する
AWSのタグ機能総復習、コスト管理集計の利用方法
【デモ操作】タグでコスト集計を実施する
Trusted Adviserを使用してAWSのベストプラクティスを確認する
【デモ操作】Trusted Adviserを確認しコストを削減する
模範解答
グループワークのファシリテーション
修了試験
【仮想案件】情報システムをAWSへリフト&シフトする移行計画書の作成

少しの勇気で「強いIT人材」に

IT業界では人材不足が続いています。しかし、人材不足といっても企業に求められているのは「強いIT人材」です。教科書通りの学びをしているだけでは、活躍できる「強いIT人材」になるには時間がかかります。そんな問題を解決するためにランサーズデジタルアカデミーをはじめました。

ランサーズデジタルアカデミーは、強いIT人材を目指す方に実践的なスキルが身に付く学習体験を提供しています。

ランサーズで培ってきた案件の受発注データベースを元に、「これを学び切れば、今後仕事に困ることはないだろう」というスキルを選定しています。
そして、つまらない気持ちで退屈に教育を受ける時代は終わりです。何歳からでも、ワクワクしながら新鮮な気持ちで学ぶことで、学びを通じた成長を楽しめるサービスにしています。

新しい挑戦をするときは誰でも不安がついてくるものですが、あなたに「挑戦したい」「チャレンジしてみよう」という気持ちが少しでもあるなら、私たちはその挑戦を成功に変える存在として力になります。
まずはオンライン相談にお越しください。
あなたとお話しできることを楽しみにしています。

ランサーズデジタルアカデミーと

他スクールとの比較

オープニングキャンペーン

受講料を今だけの特別価格でご提供します

349,800
249,800円(税込)

最大24回まで分割払い可能

受講をお考えの方へ 無料オンライン相談を予約する

まずは無料相談で何でも気軽にご相談ください 無料オンライン相談
4つのポイント

参加は無料です。
書類など準備も不要です。

カウンセラーがあなたのお悩み・キャリアアップにお答え・ご提案します。

平日は夜22時まで、土日祝も予約可能ですので時間を気にせず申し込めます。

バーチャル教室(メタバース)の
見学も可能です。

オンライン無料相談当日の流れ

所要時間約60分

1.簡単なヒアリング
2.サービス概要のご紹介
3.受講全体の流れのご紹介
4.コース・教材のご紹介
5.特典のご紹介
6.質疑応答

カレンダーから日程をご予約ください